old new

8月



平安工房にピースカード展を見に行きました。
過去のカードもトランクに詰め込まれていて、
あれこれのぞき見しました。
この人も!あ、この人も!・・・という感じで、
有名なイラストレーターさんたちがたくさん参加されていました。
「この人の絵、いいんだよね〜」とおしゃべりしていたら、
ご本人がその場にいたのだと、後で知ってびっくり。
城芽ハヤトさんが呼びかけ人だったのです。

8月



さくら通りのお祭りです。
今年は、ローストビーフと、焼き鳥と、柿の種と、茶そばと、そば飯と、
生ビールと、北京ダックと、カレーを食べました。
(食べ過ぎ注意報!)
8月


メロン! 特大!
K社の土屋さんにいただきました。
すごく大きい甘いメロン!
せっかくなので贅沢に、半分に切ってすくって食べました。
8月

 

平和紙業さんの紙見本ペーパーをつくることになり、
うちのパキラが大活躍です。
(こんな手近ですませていいのか?!)

8月



スパイラルへ、黒田征太郎さんのPIKADONプロジェクトをみにいきました。
戦争童話集 「忘れてはイケナイ物語り」のアニメーションを見て以来、
黒田征太郎さんのファンです。
会場でDVDを2本買ってしまいました。
DVDデッキ持ってないのに・・・。

8月



井筒啓之さんの『八月の果て さし絵原画展』に行って来ました。
展示されたのはそのごく一部でしたが、
そばに全作品のファイルもあり、黒山の人だかりができていました。

朝日新聞の連載小説『八月の果て』に、
ショッキングなまでにかっこいい、もしくは鬼気迫る、もしくは美しい、さし絵を、
井筒啓之さんが毎日即興で描かれていたのを見て、
そのイメージそのままにと、『走れメロス』のさし絵をお願いしたことがありました。
その縁で、今回は個展のちらし&DMをデザインさせていただきました。
「デザイナーやってて、良かった。」
心底そう思いました。

7月



半年かけて形にした本の打ち上げです。
新宿のベトナム料理屋で、ミニくすだまが炸裂!
この仕事を始めて約10年になりますが、
こんなに険しい道を歩いたのは初めてでした。
最後まであきらめないで、本当に良かったー。

7月



友人の結婚式で、北海道に行って来ました。
結婚式場は『十勝千年の森』。
そこで、造園の仕事をしている花婿が、
花嫁のために森の中に結婚式場をつくったのです。
初夏の緑に、花嫁の白いドレスが映えて、
とてもはれやかな結婚式でした。

6月



I 書店の宮村さんが、ささまの和菓子を持って
あそびに(うち合わせに?)きてくれました。
あじさいです。
涼しげで、とってもきれいです。
たべちゃうぞー。
6月



WALLというギャラリーで、牛島さんが個展をすることになり、
そのポスター(個展のおしらせ)が送られてきました。
すごくかっこいいです。
ドアに貼ったら、いきなりデザイナーの部屋っぽくなりました。

6月



父が、枇杷を持ってひょっこり訪れました。
近くで会議があったとかで、15分ほどおしゃべりして帰っていきました。
枇杷といえば・・・・
子どもの頃、冷蔵庫に冷やしてあったのを父がうっかり食べてしまい、
大泣きしながら強く抗議したことがありました。
それ以来、
私が家に居るときは、たいてい枇杷が冷蔵庫に入っています。
もう20年以上たつのに、なんとかのひとつ覚えのように、
いまだに父は、枇杷を買ってきます。

「いいかげん、もういいよ」と言いたいのですが、
それもかわいそうかなと思って、黙っています。
もう枇杷あんまり好きじゃないんだけど (笑)。

6月



近所の定食屋『げんぱち』のB定食です。
のりご飯と、ぶりの照り焼きとヒレかつのセットです。
1200円と、ちょっと高めなので、めったに食べられません。
めずらしいので、写真に撮りました。

6月



もう今となっては忘れたけれど、
何か大変な仕事がおわって、
自分へのご褒美に買った薔薇です。
本当に美しい薔薇色でした。
6月



S社の佐藤さんに『萩の月』をいただきました。
ここの編集部に行くと、よくお菓子をもらいます。
お駄賃?
(たぶん)6月



イラストレーターのクサナギさんにいただいた、
薔薇の砂(デザートローズ)という名前の化石。
砂漠の水と砂でできた結晶石なんだそうです。
5月



5月の空です。
天然のグラデーションです。

遠くに見える工事中のビルは、
九段下に建設中の巨大ビルディング。
クレーン2台使ってます。

5月



イラストレーターのオオノ・マユミさんに、
ONO鉛筆をいただきました。

「そうだ! 鉛筆つくろう」と思い立ったオオノさんは・・・、
タウンページで電話して→→出かけていって交渉して→→
ホントにつくっちゃったのだそうです。
すごい実行力。

いずれはオオノ文具店を開く予定とのこと。
神保町にどうですか〜?

5月



神保町のお店特集、第3弾!
自家焙煎をしている珈琲屋さんの『豆香房』。

近くを通るだけで、良い香りに包まれます。
お気に入りは有機栽培コスタリカ(200g=515円也)。

近所のおじさん&サラリーマンが玄関先の椅子に腰掛けて、
世間話をしつつ、挽きたてのコーヒーを飲んでるのを
よく見かけます。
いい店です。

5月



集英社&小学館のお向かいの『いづもそば』にいきました。
わりごそば、というわんこそばのように小分けに入ったおそばがあります。
5杯とか6杯とか、がんがんいくぞ〜と思うのに、いつも3杯で断念。
こしが強くて、食べ応えのあるおそばです。

たぶん 5月



山形紙店の向かいに、ムアンタイなべが引っ越してきました。
前は、地下鉄の入り口にあったのに、こんなに立派になって〜。
もとは由緒ありそうな古本屋さんで、そこは上の方の階に移っていました。



メニューを見ると、どれもおいしそう。
でも、ちょっと高い。
ためしにパッタイセットを食べてみました。
甘くて、飽きる
味・・・、残しました。
(でも、ここのタイカレーはおいしいという噂。)

4月



イラストレーターの宿輪さんの絵を、
平安工房で額装してもらいました。
(絵のサイズ105cm×85cm、額代22500円也

平安工房には他にも2点、宿輪さんの絵が飾ってあります。
ぜいたく〜。

4月


K社の早乙女さんから、おせんべいを頂ました。
袋がしゃれてます。



中身は激カラ七味せんべい・・・、
と思ったら、それほど辛くなくて、
いろんな香辛料の風味があっておいしかったです。
4月



今日のごはんはカレー!
家でつくった手作りカレー!
(タッパーに入れて、冷凍して持ってきました。)
ボンディよりも共栄堂よりもペルソナよりもまんてんよりも・・・・
おーいしーいよーー!!

4月



『なんでも作るよ。』の倉田さんがつくった
巨大ロボを見に行きました。
会場(ビルの1Fの駐車場)の前に行列ができていて、びっくり。
巨大ロボは・・・・・・・・・・・・でかいっ!
大きな鉄の塊がかもしだす、威圧感にアットーされる。

4月



ご近所の三崎神社でお祭りがあるようです。
すずかけの並木に五色の短冊がはためき、ポスターもちらほら。
神保町界隈は、こういった昔からの行事が日常にとけ込んでいて、
いいなあ。
4月



イラストレーターの鹿野理恵子さんに、
とてもきれいなマカロンをいただきました。
バナナ味なんていうのもあって、珍しい!

4月



姪の優咲がこんなに大きくなりました。
「う〜、なんかいや〜。」

叔父にだっこされて、やや不機嫌。

4月



本ができたお祝いで、
牧野伊三夫さんのお宅へお邪魔しました。
木蓮が、赤いガラスの花瓶にいけてありました。
水滴がしっとり光っていて、
「ああ、今朝いけてくれたんだな」と嬉しくなりました。






北鎌倉のお宅には、火鉢があります。
谷中生姜やとろとろのお肉を炙っていただきました。



大きな海老も!



牧野さんといえば、ウィスキー
ウィスキーといえば、ハイボール。


・・・というわけで、
この日も上手いものづくしでした。

4月



イラストレーターの宿輪さん宅へ、お花見にいきました。
お宅へ向かう道すがら、公園の中を通り、
たくさんの桜の花びらをあびました。
小さな野生のスミレもみつけました。



みんなでもちよったおいしいものあれこれ。



宿輪さんお手製のペンネアラビアータ。
(湯気がわかりますか?)

4月



靖国通り沿いのタネのタキイで、春の草花を見つけました。
小さい盆栽&鉢植えに、
みたことのないような野草が植わっていて、
見飽きません。
店の脇の方にある棚にずらりと並んでいる様子は、
子どもの頃にあこがれた
おもちゃのショーケースに似ています。

4月



スタイルズカフェでハーフドライカレーの晩ご飯。
すごく寒い日だったので、
おまけにオニオングラタンスープをつけてくれました。
とろとろになったあつあつのオニオンスープに、
ガーリックトーストで蓋をしてあって、その上にとろけるチーズがかかっていました。
この味は、半年たった今でも忘れられません!!
さらに、なぜだか、めでたい中国のお菓子もいただきました。

(なに、日記再開してんの? 
なつかし〜写真! by森)

後藤です。
大変ご無沙汰しております。

忙しさにかまけて、すっかりHPの更新をさぼっていました。
「今から4月の続きを書くのもなー、
でも、UPしてない写真とかもったいないしなー」と、
うじうじしていたのですが、

「毎日、今日こそはって、チェックしてるんですよ
〜(怒)」
「伯水堂のケーキはもう見飽きたよー!」
「生きてるのか死んでるのか、それだけでもいいから書け!」などなど。

この頃では、
会う人ごとに催促(脅迫)されるようになってきて、
その重圧に耐えきれず・・・再開することにしました。
思い出しながら書くので、ほとんど一行日記になりますが、
またどうぞよろしくお願いします。

 

 

4月



晩ご飯に、アボカドベーコンチーズサンドを食べました。

神田小川町のKUAAINAです。

4月6日(水)



S社の中尾さんから、『伯水堂』のケーキをいただきました。
やったー、やったー。
もう3個も食べたのに、それでもこんなに↑残ってる!
右手前のピンクのタルトは、
洋梨にラム酒がたっぷりしみていて、
カスタードクリームも新鮮な卵の味で、極上品。
その上のブルーベリーのレアチーズケーキも、
土台がマカロンのような“サクッ”とした生地でできていて、
抜かりないわね!という感じ。

(こんなに食べていいの?!

4月5日(火)

春の夕暮れです。



昼過ぎに、京都からの来客があり、
「いけずなひとって、いてはるんですよ〜」 とか、
「えべっさん(えびすさん)がね〜」とか、
京都の話をぎょうさん聞かせていただきました。

たとえば……

2月の節分では、炮烙を割る
3月の涅槃会では はなくそ(花供祖)を食べる
6月は
水無月 を食べる

などなど。

4月2日(土)



K社の土屋さんから、『胡椒せんべい』をいただきました。
黒こしょうがぴりりと効いていて、意外なおいしさ!
お酒にも合うのでは? これを発見した人、偉いー!
(けれど、一気に食べたらお腹をこわしました…。)


みんなにも食べさせてあげたいので、
今度取り寄せようと思います。

4月1日(金)

 

いつの間にか、
お向かいのマンションが完成していました。
けっこう高いのに(1K→約2000万円)、
どんどん部屋がうまっているみたいです。